様々な種類のある仕事

どんな仕事か

パソコン

ウェブデザイナーと言えば、インターネットサイトのデザインをする仕事と思われがちですが、ウェブデザイナーの仕事はこのような業務に限りません。もちろんインターネットサイトのデザインを決めるのもウェブデザイナーの仕事ですが、それ以外にもプログラムを組んでサイトでアニメーションが動くようにしたり、サイトをウェブに提要させたりといったコーディング作業もウェブデザイナーの仕事です。このようにデザインだけでなく、プログラミングもウェブデザイナーの仕事に含まれており、ウェブデザイナーになりたいのであれば、プログラミングに関する知識を身につけておくと、その分自分の仕事の幅が広くなるので、有利になると言えます。

どんな資格があるのか

ウェブデザイナーの仕事は特に資格は必要ありません。そのため、誰でも出来る仕事ではあるのですが、やはりウェブデザインに関する知識は必要であり、資格が必要ない仕事であるので、実績が特に重要となります。その実績を積むためには、最初の段階は仕事を引き受けることが難しく、そのために自分の実力を示すために民間のウェブデザインに関する資格を取得する必要性があると言えます。そのウェブデザインに関する資格に関しては、Webクリエイター能力検定試験やウェブデザイン技能検定などが挙げられます。Webクリエイター能力検定は出題範囲が広いことから幅広い知識を得ることが出来、ウェブデザイン技能検定は唯一のウェブデザインに関する国家資格であるので、特にこの2つの資格は取得しておくと便利です。